とろんの人生の秘話満載。


by tomoetotoro
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:恋愛( 9 )

カラオケ

最近まったく恋愛のとこ更新してへんかったんで更新します!!

もちろん・・というか悲しいことに高②になってもあいかわらず好きな人もできずトキメキのない生活をおくってるわけんなですが、まぁ昔話で勘弁してください。

ん~~でもLとはおわったしなぁ~苦笑
また幸せやった日々編のつづきでもしよっかな??

えっと、じゃあ打ち上げの話!
卒業式おわってクラスのみんなで打ち上げってしますよね??
で、それに当然ながら私もLもいったんです。
んで最初はみんなでボーリング大会で、これまたくじ運だけは良くてLは向かいのチームで近かったんですが、そのときはあんまりしゃべりませんでした。
それでおわったとに二次回ということでカラオケいったんです。
それは自由参加で私が結構迷ったんですが行くことにして、んでLもいって、3つぐらいの部屋にわかれて歌いまくってました。
なんかこのときはすごい大人数でしかも男子とかもいて歌うのとか恥ずかしいはずなのに、私はお酒ものんでないのに半分酔っ払っててかなりハイテンションで、音痴もきにせずめっちゃ歌ってたんです。
今考えればびっくりするぐらい。笑

で、部屋を出入りしているときに廊下でLにあって、
「あとで一緒に歌おっか?」
って言われたんです(多分)。
んでテンションたかかったわたしはもっとテンション高くなって
「うん!じゃあ曲いれとくからあとで呼びにいくわ!」
って言ってはりきって私とLの好きな歌手の歌をいれまくりました。
んで友達がLよんできてくれて、二人で歌いました!!
しかもLははもってくれたんです!
もう嬉しくて嬉しくて、そして楽しくて仕方なかったです。
このころは乙女やったなぁって今思いますね。笑
で、そのとき部屋にあと4・5にん女子がいたんですが、その女子はみんな控えめでマイクわたしても歌ってくれなくて、遠慮されてたんでみんな聞いてるだけで、私1人で盛り上がってました。笑
そのあとも何曲かLと歌ってほんまにこのときは幸せでした^^
卒業してもう会えないけど、悲しくないって思うぐらいいい思い出になったんです。
だって一緒のクラスにならなかったらありえないわけやし。
それでそのあとはみんないろんな部屋にいったりきたりしてて、私はクラブのなかのいい友達と二人で部屋を独占してaiko歌ってたんですが、そのときも歌ってる途中にLが部屋に入ってきて、隣できいててくれたんです!!
まぁ音痴なんで笑ってましたけど。笑

一緒に歌ってるときもめっちゃ微笑んでて、私はほんまに音痴やのに楽しそうにしててサビになるとはもってくれて、なんか優しかったです♪
唄がうまくてもそれを自慢にしたりしないし、一人で歌って~って女子にせがまれても歌ってくれへんけど、一緒に歌うとほんまに喜んで歌ってくれるので、それがすごく嬉しくて今でも思い出に残ってます。


っていうことで、結構すごい幸せな日々でした!!
また歌声聞きたいな~★

それにしても私あんときかなり好きやったのによくあんな二人で歌えたよな。
今やったら考えられへんわ。
私カラオケいくと酔っ払うんかな?笑
[PR]
by tomoetotoro | 2006-04-28 20:53 | 恋愛
Lとメールを始めたのは午前11時半。
ちょうど教科書販売をおえて、友達からホワイトデーのおかえしをもらっているころ。

そして私はクラブにはいかないので帰ることに。

でもケータイはずっとにぎりしめたままでした。笑
チャリ乗ってるときは、メールきたらとまって返信して、またこぐ・・・みたいな感じで(^^:
もうメールしている間は心臓がつぶれそうでつぶれそうで死ぬかと思いました。。
まぁLの着メロきくだけでそうなってしまうんですけどね。苦笑)
あ~なんか春や(*ー*)ノ笑)
でも恋なんてそんなもんですよね??

で、家に帰ってからも自然にメールを続けて、そして決意しました。
というかLにメール送っちゃたじてんで決めていたのでそれほど迷いはしませんでした。
「このさいやから好きやったって言っとくだけいっとこ!!!」

それでもやっぱり告白してしまったらそのあと気まづくなるかなぁ?と思い、次のメール来たら言う!を繰り返していました(--:
そして告白しようとした瞬間に・・・・
メールがとぎれまいた。

「・・・でた。。Lの得意技。いきなりぶちる。」

Lはいつでもメール送ったらめっちゃ早く返事返してくれるし、たいてい6時間以上はメール続くんですが、一つだけ嫌なことがあるんです。
Lはめっちゃはなし盛り上がってる時でもいきなり、ほんまにいきなりぶちるんです(--:
そしてぶちられて数時間後にメールくる確率は50%。
それからこない確立は50%。。

そしてそういう自体に陥ると、私はめっちゃ不安になるんですね。
「なんか悪いこといったんかなぁ!?」とか
「寝ちゃったんか?それともごはん?」とか
「メールすんのだるかったんかな!?」とか・・・・とか・・・。

そして次に後悔するんです。
「あんなしょうもないこと言わなかったらよかった・・・」
「あの話しようと思ってたのに・・・」
「私が先におわらしたらよかった・・・」

でもどんなに後悔しても、やっぱり好きな人とのメールは一通でも多くしたいからついついおわらせられなくなるんです・・(--:

そして一回目のぶちは3時間半後に返事がきました。
(ちょっとあきらめてたけど・・)

それで私は決めました。
次にいつぶちられるかわからへんし、今日言わなかったらきっとさっきみたいに後悔するし、今日の事故みたいなことがおきないとメールなんてできないやろうし、それやったら今日言う!!と。
別に付き合いたいわけじゃなく、ただはっきりおわらしたいだけだったので、結果はどっちでもいんです。
まぁ97%無理だと思っていましたが。。

そして2通ぐらいメールしたあと、本題に入りました。
「同窓会もないことやし、Lにずっと聞きたかったことあってん!」
L「なんですかい??」
私「多分中3の5月ぐらいからやと思うねんけど、私Lのこと好きやってんけど・・キミは気づいてました??」
送信・・・。
(よし!よく頑張った!えらいよとろん!)

数分経過。
(やっぱびっくりしたんかな(^^:めっちゃ返事どうしたらいいか考えてるんやロなぁ)

そしてメール送って約9分後、返事がきました。
L「スイマセン・・俺鈍感やからぜんぜん気づかなかった;;つーか、ありがとうな!!」

やっぱ気づかないもんやねんな~(。。;)
ま、いいか。でもありがとうって??(--:

私「やっぱり気づいてなかったんや~苦笑。見た目によらず鈍いねんな~。笑)まぁ今でも好きやけど付き合えとはいわんから。お礼なんかいいよ~」

なんか、正直全然ショックを受けませんでした。苦笑)
多分そのとき情緒不安定だったからだと思います。。
というのも、母がなぜかかなりキレていて、めっちゃケンカして言い合いしてたんです(^^:
せっかくの告白中やとうのに間の悪い・・・。
それで私は母にかなりむかついていて、告白よりもそっちのほうが大変でした。
いつもは言わないプライドを傷つけるコトバを言われたので….。
しかもLに「ありがとう」って言ってもらえたのがほんまに嬉しくて、こっちのほうがありがとうやし!って思っちゃいました。笑

で、返事
L「ほんまにありがとう!だって自分の事すきって思ってくれる人いたらうれしいやん♪実は俺も同じように好きな人がいるから付き合えないねん・・・。でも②めーっちゃ嬉しいわぁ!ありがとう★」

いやいや、こんなに言ってくれたらもう十分ですよ^^
それでまぁ「おたがい頑張ろうな!」って言って、いろいろしゃべって7時ごろにまたぶちられました(--:
今度は返事きてません。もう慣れてるからいいけど。
友達いわく、しょっちゅうらしいし。苦笑)

はぁ~、それにしてもよく言えたなぁ。笑
全然悲しくないのは何故でしょうね??(^^:
私はすぐにはあきらめられないから、「まだ好き」っていうのだけは言いたかったので、それが言えてよかったです★

てことで、私の人生初の告白。
どうでしょう??一般的ですかね??笑)理想は直で言うのが良いですけど。
でも気分的にかなりスッキリです。
むしろ好きってもう知られてるからメールがしやすくなった。笑)

さぁ二年で新たに恋するぞぉ~~!!
人気blogランキングへ

f0078956_22433949.jpg

[PR]
by tomoetotoro | 2006-03-15 22:44 | 恋愛
え~、なんと、昨日のホワイトデーにLに告白してしまいました~しかも勢いで。笑

まぁ話せばきっと長くなるので読む気力のある方だけ読んでください(--:

まず、Lというのは恋愛のページを最初から読めば分かるとおり、中学のころの好きな人です。
で、高校にはいってからはメールと同窓会だけでつながっていたのですが、昨日のホワイトデーに久々に学校いったらクラブのかわいい友達に春がきていたんです!
ま、恋の言い知らせってコトなんですが。笑
それでみんな盛り上がって、私もなんとなく春の気分になって、いろいろ思い出していたんです。

私「あ~やっぱ一応好きやったことだけ伝えとこうかな~?」
友「いいやん!メールおくりーや!!」
私「ん~~・・・あ~でもやっぱ怖いし・・どう切り出したら良いか分からん!!」
友「大丈夫やって!ちょっとケータイ貸して!文だけ考えてあげるから」
友達Yは私のケータイでまず
「久しぶり!元気してた??」と文章を作成。
それをみた私
「・・・・めっちゃ普通やん!!こんなんいやや!ホワイトデーにいきなり不自然すぎる!」
実は12月から一回もメールしてなかったんです。
友「え~~まって、続き考えるから!」
そういいながら友達Yは私をせいして結局つづきは考えず、あて先にLのアドを挿入。
ボタン一押しでメール送信できる状態になる。
これはなにかあったらヤバイ!と思って慌てて私が取り上げようとする。
私「真剣にやめて!ホンマに送っちゃったらどうすんの!?」
友「わかったから!大丈夫やからちょっと待って!」
そして友達Yが冗談で送信ボタンに指を乗せたとき、もみあいになり・・・・・

『ぽち…』

「あ・・・・・・・送っちゃった・・・・」
「あ゛あ゛ぁぁ~~~~~!!!!!なにしてるん!?どうすんのよ!」
友「ちゃうって!今のはとろんがわるい!押してへんもん!」

とろん放心状態&パニック状態。。。
(どーせ送るんならもっとましな内容がよかった・・・)

私「あかん!早く間違えたってメールしないと!!」
友「なんで?いいやん、別に。そのままなんか続けーや!!」
「そうそう、逆にそんなことしたら不自然やデ!」
その他の友達も同意見。
私「え~~だってどうしたらいい?なんて送ったらいいん?用事ないって!」
友「なんでもいいやん!ホワイトデーの話とか!」
(そ・・そんなこといきなり数ヶ月ぶりにメールしてホワイトデーの話題とかめっちゃ怪しいやん!!)

『チャララララーララー・…』
長い間聞いてなかった着メロがながれた。
「あ゛っっ!!返事や!」
「うそ~!早いなぁ」
「なんてきた!?」
「みしてーーー!!」
とたんにむらがって6人ぐらいで私からケータイを奪おうとする友達。
しかもすごい力(--:
(女は怖い・・・)
私はみんなを制して廊下にでて落ち着いて返事を考える。
ちなみにLの返事はこんな感じ。
「久々やなぁ!!ぼちぼち元気にやってるよぉ!!・・・」
と、結構いい反応。しかも送った文のわりに返事が長かった。

(ん~ここは自然にいかなあかんな!同窓会の話題とかでいこ!)
そして懐かしい着メロをきいて結局メールをつづける事にした。(^^:
私の返事↓
「うん、とくに用はないねんけど、同窓会とかないんかなぁ?と思って♪もう二年やし。なんか聞いてない??」

私「うん②自然やんな!よしっ。」←1人ごと
送信・・・。


ということで半分事故的に三ヶ月ぶりのLとのメールが始まったわけです。苦笑)
なんか長くなったんで、本題の告白についてはその2で!!

よかったらクリックお願いします!↓
人気blogランキングへ

f0078956_21495882.jpg

[PR]
by tomoetotoro | 2006-03-15 21:50 | 恋愛

久々に

久々(?)に恋愛ページ更新です。
え~っと、どこまでしゃべったか忘れちゃったんですけど・・・。
確か「幸せだった日々」編ですよね??

今回は写真です。

私がLと一緒に映ってて、なおかつクラスの集合写真とかじゃないといえば、一枚しかないんです。(無意識に映ってるのは別として。笑)
修学旅行でした。
私の中学は修学旅行は3年の4月にあって、まだクラスがえしたばっかで友達ともそんなに仲良くなってへんのに~~とみんなブーブーでした。
もちろん私も。

そしてまぁとになく飛行機に乗ったわけなんですが、またまた私の超能力なのか、偶然にもLは私の前の席だったんです。
しかも私の隣はクラブでもめっちゃかわいい女子、Lの隣もクラブ一緒のもてる男子。
こんな都合のいい組み合わせそうないですよ。笑

しかしここで一つ重要なことがあったんです。
私は実はそのときまだLのことを好きじゃなかったんです!!笑
しかも違う人に片思い中というか、二年の好きな人をまだひきづってたんです(--:
なんともったいないことを・・・と今になって思いました。
もしそのとき好きならいっぱいしゃべれたのに・・・(まぁそのときも普通にしゃべりまくってたけどさ)

そして、本題に戻って。
その飛行機ですごいメンツでとった写真が私とLの唯一の写真なんです。
つまり、ツーショットは一度も取れなかったんですね(--:
それでもあとから眺めたら顔がにやけるほど嬉しい写真なんdねすよ。笑
ちなみになぜ飛行機内で写真が取れたのかというと、めっちゃ小さい飛行機でほぼ貸切だったからです(^^:

今思えばもっと撮っといたらよかったなと。。。
卒業式にチャンスはあったんですけど、Lがどこにいるのかわからなかったし、ボタンのこともすっかり忘れてたんです(--:
だって友達に「〇〇君からボタンもらってん~」っていわれた時、
「へ?なんのこと?」って感じでしたから。笑
はぁ~私の憧れが・・・。
(※憧れ=好きな人からボタンもらうこと。)

でもまだ高校があるもん!!!笑

人気blogランキングへ

f0078956_14174280.jpg

[PR]
by tomoetotoro | 2006-03-13 14:17 | 恋愛

セカチュー

「幸せだった日々」編 セカチューの巻

私の記憶の残る限りで「はぁ~あのころは幸せやったなぁ~」と思う出来事。
それはある授業中でした。
なんの授業かもいつごろだったかも忘れたけど(手元の日記さぐればわかるけど)、ある日、Lが隣の席で本を読んでいました。

本の題名は映画で話題沸騰中の「世界の中心で愛をさけぶ」片山恭一。

私はいつも隣で変わったことをしているLをみるのが好きだったから、ぼぉ~っと眺めてたら、どうやらLは教科書を忘れたらしく、私に「机をくっつけていい?」と聞いてきた。
これにはかなり驚いた。
だっていくらよくしゃべるからって授業中に机をくっつける男女はそうクラスでもいない。
てかあんまりみたことなかったんです。
んで内心驚きながらもこれはすごいことやと思いながら了解し、教科書をみせてあげた。
っていってもLは隠れて本を読んでいるので教科書なんてべつに必要はなかったんですね(^^:
そして私がなにげなく「なに読んでるん?」ってきいたら、セカチューだと答え、しかもLいわくめっちゃおもろいオススメらしく、でもどっちかっつうと男子向けらしかった。
そしてLに「読んでみ!」って言われて少し読んでいた。

そう、このときがなぜかとても幸せだったんです。
ただ机くっつけて、一緒に本読んでるだけなんですが、他の女子とはめったに机なんてくっつけないから一種の「優越感」というやつにひたっていて、幸せでした♪
一生このままならいいのにとどんなに思ったことか。
いや、願ったっていったほうが性格ですね(--:

しかしあいにく授業は50分ときまっているので、授業はおわってしまいましたが・・。
それに一つおしかったのがその本を貸してくれる雰囲気になったんですが(結構Lはセカチューを気に入っていた)、あいにくそれはLのものではなく友達のものらしく、「これ俺のじゃないからな~」と言っておわりました。。。

はぁ~。
あそこで貸してくれてたら返すこともでき、そのときにしゃべれたのに・・・。
まぁ人生そういうものですよね(^^:
恋は切ないです。。
f0078956_23505236.jpg

[PR]
by tomoetotoro | 2006-03-10 23:51 | 恋愛

幸せだった

私がLに片思いして、一番幸せやった時は、席がちかかった日々全部です。
そんで今回は「幸せだたt日々」編第一弾として、「なぜ私はLと席が近かったのか?」をテーマに語ります。

そう・・・思えばほんまに最初からそういう「席順の運」にはめぐまれていました。
なぜなら、あんまりここで公開したくはないんですが、Lとは偶然出席番号が前後で=(イコール)テストの席も前後、理科室も技術室も音楽室もパソコン室も・・・・同じ机だったんですね。笑

もちろん卒業アルバムも隣にLがいます。笑

そして一番すごかったのが席替え!
私は超能力があったとしか思えないほど、自分の行きたい席にいけたんです。
ちなみに私のクラスの席替えは毎月席の番号を書かれたカードをめくるものでした。
もちろん男女ごちゃまぜ。
そして私は毎月超能力を発揮して、自分は一歩も動かず3回連続同じ席で、Lの近くだったこともあったぐらいでした。
一時その席はなにか霊がついているんじゃないかという噂まで流れました(--:
そして私は自分の席だけでなく、周りのヒトまでも支配していました。笑
なぜか私の周りに来るヒトはいい人ばっかりだったんです。

そういわけで、Lとはほとんど1年中席が前後左右のどこかでつながっていたのです。
これが幸せな日々の基本となる一つの要因でした。
f0078956_23235698.jpg

[PR]
by tomoetotoro | 2006-03-09 23:24 | 恋愛

2、それから

Lの唄はすごかった。
私に大きな衝撃をあたえ、そして好きになりたくなかったのに好きになってしまいました。
いや、ホントにこの世のものとは思えないぐらいうまかったんです。。
しかも目の前で、1メートルも離れてないところで、すんごい雨がザーザー降ってるのをバックに唄う姿があまりにかっこよくて・・・・(ーー:

よく考えたらLはめっちゃもててたんです。
男として意識しだして初めて気づいたのですが、私の周りにもLを好きな子は結構いたし、噂もいっぱいありました。

そう、それに早くから、唄をきいてしまうまえから気づいていればよかったんです。
幸い唄をうたってもらっているのを見たのは1人か二人だったし、女子にはみられていなかったと思うのでよかったのですが、私は一番したくない、なりたくない状況になってしまいました。

クラブの友達がLのことを好きだったのです。

しかも私は少し相談を受けていたし、私より前からその子は好きでした。
私も相談うけてるときは違うヒトが好きだったので、お互いガンバロみたいな感じだったんですが・・・・。
やってしまった。。。
これはかなりややこしいことになります。
まだその子は私は前のヒトが好きだと思ってるし、私もその子がLを好きということを知っていることになっているので、これからすべてウソをつかなければならないのです。
まぁその子は私とLとは違うクラスなのであまり気づかれることはないのですが、やっぱりそれは私がイヤでした。
自分がそうなったらいややし。
偽って接するのもイヤでした。

しかしクラスが一緒で、席もつねに近いとよくしゃべるし、毎日学校へしゃべりに行っているようなものでした。
テスト中も出席番号も近いので問題出し合ったりして、しゃべらない日はないくらいでした。
なので当然私はLのことをどんどん好きになりました。
しかしかなりゆっくりとです。
できる限り好きにならないように気持ちを抑えて認めていませんでしたから・・・。

f0078956_13144573.jpg


ってことで、まぁ恋のハジマリはこんなかんじでかなり微妙だったわけなんですが。
で、これからはまぁ事件や小さな思い出、嬉しかったことなどを誰か知り合いがみても分からないように遠まわしに書いていきたいと思います。笑)
[PR]
by tomoetotoro | 2006-03-08 13:15 | 恋愛

ハジマリ・・・。

私が一番本気になった恋は中三でした。
まぁ名前はL君にでもしときましょう。笑)
ちなみにLはデスノートっていう漫画にでてくる人でもあります。(この人とはなんの共通点もないですが)

好きになったきっかけは、唄です。
中3で初めて同じクラスになって、最初はやたらとなれなれしいし、なんやねんこいつって思ってました。
Lは学年でも類を見ないほどの歌唱力で、常に学級委員に推薦され、リーダーシップを発揮し、まわりには男子も女子も友達が絶えませんでした。
文化祭でもいつも舞台で演義をし、人の前に立ってなにかをすることが好きで、そして上手でした。
そしてとにかくしゃべる。笑)
性格は少し普通の男子とは違っていて、独特の信念みたいなものがありました。
でも学級委員のくせに掃除はまともにしたことないし、授業中もいつもしゃべりっぱなしで話なんてききません。
私もつられてしゃべってよく注意されました(^^:

でもあるすんごい雨の日、席が近くて(なぜか1年間常に近かった)二人でしゃべってたら、話の流れで私があることをしたのでそのお礼にLが唄を唄ってくれることになりました。
これはとても珍しいことです。
もともとLは唄はめちゃくちゃうまいのに、芸能大会とか、そういうステージでしか唄は真剣に唄うことはありません。
女子とかに唄ってってせがまれても唄っているのは見たことはありませんでした。
もちろん鼻歌は年中歌ってますが(音痴だったら殴りたいぐらい常に)。
そして私はたいしたことしてないのに私が好きな歌手(Lも好きな歌手)の唄をうたってくれることになったのです。

そして休み時間に二人で廊下のちょっとはずれの人の通らないところにいき、相方(歌手が二人グループではもるので)もつれてきて一曲最初から最後まで真剣に唄ってくれました。
私はもうそのうまさに、こんな近くで歌ってくれたことに、大感動して、その日からLのことを好きになり始めました。

f0078956_1753243.jpg
有名な曲ですが、ここで言うとちょっと危険なので、あえて曲名と歌手名はふせておきます(--:
[PR]
by tomoetotoro | 2006-03-07 17:05 | 恋愛

始めに

なにげなくつくってしまった恋愛のページ。。。
でも、実はあんまりネタがありません(--;

だいたい初恋がいつなのかわからない時点でオイオイって感じですし。笑)
まぁとにかく、せっかく来てくれた方のために私のどうでもいい恋愛大暴露話を聞いてください!!

はぁ~、知り合いきたらやばいなこりゃ。。。(^^:

恋愛ってことで、いつも励ましてくれた私の崇拝しているaikoの画像のっけていきます。
f0078956_1646336.jpg

[PR]
by tomoetotoro | 2006-03-07 16:46 | 恋愛